さいきの駅舎訪問・廃止路線の駅舎

富 内 線(鵡 川−日高町)その1

鵡川−豊城−春日−旭岡−栄−

(昭和61(1986)年11月1日廃止)

※所在地は撮影当時のものです


鵡 川 駅(北海道勇払郡鵡川町)

富内線 鵡川駅 富内線 鵡川駅

▲富内線の起点。この写真は廃止後の撮影で駅名標は次駅の「とよしろ」を白く塗りつぶしています。(1986.12撮影)


日高線鵡川駅

豊 城 駅(北海道勇払郡鵡川町)

富内線 豊城駅 富内線 豊城駅

▲簡易な待合室のみの駅でした。開業は大正11(1922)年7月ですが、この当時は沼の端から線路は通じていて「上鵡川」という駅名でした。
国有化された昭和18(1943)年8月に現駅名に改称、昭和18(1943)年11月に鵡川−豊城間が開業しました。(1986.12撮影)


春 日 駅(北海道勇払郡鵡川町)

富内線 春日駅 富内線 春日駅

▲大正11(1922)年9月開業。開業時は「萠別(もえべつ)」という駅名でした。国有化された昭和18(1943)年8月に現駅名に改称しました。
写真は廃止後のもので駅舎から駅名が外されています。(1986.12撮影)

   

富内線 春日駅

▲現駅当時の写真。(1986.10撮影)


旭 岡 駅(北海道勇払郡鵡川町)

富内線 旭岡駅 富内線 旭岡駅

▲大正11(1922)年7月開業。開業時は「生鼈(いくべつ)」という駅名でした。
国有化された昭和18(1943)年8月に現駅名に改称しました。(1986.10撮影)


栄  駅(北海道勇払郡穂別町)

富内線 栄駅 富内線 栄駅

▲大正12(1923)年6月開業。開業時は「似湾(にわん)」という駅名でした。
国有化された昭和18(1943)年8月に現駅名に改称しました。(1986.10撮影)


その1  鵡川−豊城−春日−旭岡−栄−       

その2 −豊田−穂別−富内−幌毛志−振内−     

その3 −仁世宇−岩知志−日高岩内−日高三岡−日高町


廃止路線の駅舎へもどる   トップへもどる