さいきの駅舎訪問・廃止路線の駅舎

長 井 線(赤 湯−荒 砥)その1

赤湯−宮内町−西宮内−梨郷−西大塚−

(昭和63(1988)年10月25日 山形鉄道 に転換)

※所在地は撮影当時のものです


赤 湯 駅(山形県南陽市)

長井線 赤湯駅 長井線 赤湯駅

▲長井線転換前の赤湯駅。山形新幹線開業により改築されこの駅舎はもうありません。
駅名は「赤湯」ですが、南陽市の代表駅です。ホームは3本あり、駅舎から最も離れたホームが長井線のホームでした。(1988.5撮影)
奥羽線赤湯駅

宮 内 町 駅(山形県南陽市)

長井線 宮内町駅 長井線 宮内町駅

▲大正2(1913)年10月開業。駅舎は昭和11(1936)年8月改築。赤湯の駅前よりもむしろこちらの方が建物が密集していて乗降客もわりと多いです。
駅舎もそれなりに立派なものでした。転換後の駅名は「宮内」。(1988.5撮影)

西 宮 内 駅(山形県南陽市)

長井線 西宮内駅 長井線 西宮内駅

▲昭和34(1959)年6月開業。ホームのみの駅です。転換後の駅名は「おりはた」。(1988.5撮影)

梨 郷 駅(山形県南陽市)

長井線 梨郷駅 長井線 梨郷駅

▲大正2(1913)年10月開業。当時の長井線では標準タイプの駅舎でした。(1988.5撮影)

西 大 塚 駅(山形県東置賜郡川西町)

長井線 西大塚駅 長井線 西大塚駅

▲大正3(1914)年11月開業。ここも標準タイプの駅舎です。(1988.5撮影)

その1  赤湯−宮内町−西宮内−梨郷−西大塚−

その2  −今泉−時庭−南長井−長井−    

その3  −羽前成田−蚕桑−鮎貝−荒砥    


廃止路線の駅舎へもどる   トップへもどる