さいきの駅舎訪問・廃止路線の駅舎

長 井 線(赤 湯−荒 砥)その2

−今泉−時庭−南長井−長井−

(昭和63(1988)年10月25日 山形鉄道 に転換)

※所在地は撮影当時のものです


今 泉 駅(山形県長井市)

長井線 今泉駅

長井線 今泉駅
▲米坂線との接続駅。
大正3(1914)年11月に長井軽便線(後の国鉄長井線)の駅として開業。米坂線の米沢−今泉間が開業したのが大正15(1926)年9月。
長井線のほうが開通が早かったため、駅は米坂線ではなく長井線の所属でした。(1988.5撮影)
米坂線今泉駅

時 庭 駅(山形県長井市)

長井線 時庭駅 長井線 時庭駅

▲大正3(1914)年11月開業。長井線の標準タイプの駅舎でした。(1988.5撮影)

南 長 井 駅(山形県長井市)

長井線 南長井駅 長井線 南長井駅

▲昭和35(1960)年5月開業。ホームのみの駅。長井市街の南にあり、長井駅まで当時の営業キロで1.1キロしかありません。(1988.5撮影)

長 井 駅(山形県長井市)

長井線 長井駅 長井線 長井駅

▲大正3(1914)年11月開業。長井市の代表駅です。天井が高く立派な木造駅舎です。(1988.5撮影)
転換後の駅舎はこちら

その1  赤湯−宮内町−西宮内−梨郷−西大塚−

その2  −今泉−時庭−南長井−長井−    

その3  −羽前成田−蚕桑−鮎貝−荒砥    


廃止路線の駅舎へもどる   トップへもどる