さいきの駅舎訪問・廃止路線の駅舎

広 尾 線(帯 広−広 尾)その3

−石坂−豊似−野塚−新生−広尾

昭和61(1987)年2月2日廃止)

※所在地は撮影当時のものです


石 坂 駅(北海道広尾郡大樹町)

広尾線 石坂駅

広尾線 石坂駅
▲昭和7(1932)年11月開業。駅舎は開業時のもの。ホームは片面。
駅ノートがあったと記憶しています。(1987.1撮影)

豊 似 駅(北海道広尾郡広尾町)

広尾線 豊似駅 広尾線 豊似駅

▲昭和7(1932)年11月開業。駅舎は開業時のもの。ホームは片面。石坂駅とほとんど同じ造りです。(1987.1撮影)

野 塚 駅(北海道広尾郡広尾町)

広尾線 野塚駅 広尾線 野塚駅

▲昭和7(1932)年11月開業。駅舎は無人化にともない昭和50(1975)年ごろに改築されました。ホームは片面。駅の背後には見事な林が広がっていました。(1987.1撮影)

新 生 駅(北海道広尾郡広尾町)

広尾線 新生駅

広尾線 新生駅 広尾線 新生駅

▲昭和35(1960)年4月開業。開業時からの無人駅でホームは片面。
国道のそばにありましたが、利用客はわずかでした。(1987.1撮影)

広 尾 駅(北海道広尾郡広尾町)

広尾線 広尾駅

広尾線 広尾駅
▲昭和7(1932)年11月開業。駅舎は昭和52(1977)年11月改築。広尾線の終点でホームは片面。
広尾町役場の最寄り駅です。駅舎は廃止後もバスの待合所として利用されています。(1987.1撮影)

その1  帯広−依田−北愛国−愛国−大正−幸福−   

その2 −中札内−更別−上更別−忠類−十勝東和−大樹−

その3 −石坂−豊似−野塚−新生−広尾        


廃止路線の駅舎へもどる   トップへもどる