さいきの駅舎訪問・廃止路線の駅舎

歌 志 内 線(砂 川−歌志内)

砂川−焼山−文珠−西歌−神威−歌神−歌志内

(昭和63(1988)年4月25日廃止)

※所在地は撮影当時のものです


砂 川 駅(北海道砂川市)

歌志内線 砂川駅 歌志内線 砂川駅

▲歌志内線ありし頃の砂川駅駅舎。歌志内線の他に上砂川線も分岐していましたが、どちらも廃止されてしまいました。大きかった駅舎もその後建て替えられてしまいました。(1987.1撮影)


函館線砂川駅

焼 山 駅(北海道砂川市)

歌志内線 焼山駅 歌志内線 焼山駅

▲片面ホームに待合所があるだけの駅でした。(1987.1撮影)


文 珠 駅(北海道歌志内市)

歌志内線 文珠駅 歌志内線 文珠駅

▲簡易な駅舎に片面ホームの駅でした。上砂川線が近くを通っていました。(1987.1撮影)


西 歌 駅(北海道歌志内市)

歌志内線 西歌駅 歌志内線 西歌駅

▲頑丈そうな駅舎。片面ホームで駅舎とホームとは少し離れていました。(1987.1撮影)


神 威 駅(北海道歌志内市)

歌志内線 神威駅 歌志内線 神威駅

▲大きな駅舎。入口は妻面にありました。ホームは片面でした。(1987.1撮影)


歌 神 駅(北海道歌志内市)

歌志内線 歌神駅 歌志内線 歌神駅

▲片面ホームの駅。「歌神」とは由緒ありげな駅名ですが、志内と威の間にあるからという安易な命名です。(1987.1撮影)


歌 志 内 駅(北海道歌志内市)

歌志内線 歌志内駅 歌志内線 歌志内駅

▲歌志内線の終点で歌志内市の代表駅でした。
ホームは片面でしたが、石炭積み出し駅の名残で側線が何本かありました。(1987.1撮影)


廃止路線の駅舎へもどる   トップへもどる