さいきの駅舎訪問・廃止路線の駅舎

筑 肥 線2(虹ノ松原−山本)

虹ノ松原−東唐津−鏡−久里−山本

(昭和58(1983)年3月22日廃止)

※所在地は撮影当時のものです


虹ノ松原駅(佐賀県唐津市)

旧筑肥線 虹ノ松原駅 旧筑肥線 虹ノ松原駅

▲大正13(1924)年7月に「虹の松原」として開業、昭和12(1937)年10月に「虹ノ松原」に改称。
この半分化駅舎は線路切り替え後もそのまま使用されています。(1982.8撮影)
筑肥線 虹ノ松原駅

東 唐 津 駅(佐賀県唐津市)

東唐津駅旧駅舎

東唐津駅旧駅舎
▲大正14(1925)年6月開業。行き止まり式のスイッチバック駅でした。駅舎は昭和24(1949)年3月改築で、かなり大きなものでした。
昭和58(1983)年3月22日に新線上の新しい東唐津駅に移転しました。(1982.8撮影)

鏡  駅(佐賀県唐津市)

旧筑肥線 鏡駅 旧筑肥線 鏡駅

▲昭和4(1929)年4月に「久里」として開業、昭和25(1950)年5月に「鏡」に改称。
外見では駅舎だとわからないほど荒れ果てていました。(1982.8撮影)

久 里 駅(佐賀県唐津市)

旧筑肥線 久里駅 旧筑肥線 久里駅

旧筑肥線 久里駅 旧筑肥線 久里駅

▲昭和5(1930)年3月に「上久里」として開業、昭和25(1950)年5月に「久里」に改称。相当荒れた駅舎でした。ホームの駅名標は風化してボロボロでした。(1982.8撮影)

山 本 駅(佐賀県唐津市)

旧筑肥線 山本駅

旧筑肥線 山本駅 旧筑肥線 山本駅

▲旧線が分岐していた当時の駅舎。大正元(1912)年10月改築のこの駅舎は新線切り替え後もそのまま使用されています。
新線切り替え後は駅名標は「くり」の部分が白く塗りつぶされました。(1982.8撮影)
  (「現役路線の駅舎」参照)

その1 博多−筑前簑島−筑前高宮−小笹−鳥飼−西新−姪浜

その2 虹ノ松原−東唐津−鏡−久里−山本        


廃止路線の駅舎へもどる   トップへもどる