さいきの駅舎訪問・廃止路線の駅舎

赤 谷 線(新発田−東赤谷)

新発田−東中学校前−五十公野−新江口−米倉−新山内−赤谷−東赤谷

(昭和59(1984)年4月1日 廃止)

※所在地は撮影当時のものです


新 発 田 駅(新潟県新発田市)

赤谷線 新発田駅 赤谷線 新発田駅

▲駅舎からいちばん遠い3番線が赤谷線のホームでした。(1983.8撮影)
羽越線新発田駅

東中学校前駅(新潟県新発田市)

赤谷線 東中学校前駅 赤谷線 東中学校前駅

▲昭和48(1973)年6月開業の仮乗降場。時刻表には載っていませんでした。
待合室はプレハブで大きなものでした。ホームは片面。(1983.8撮影)


五十公野駅(新潟県新発田市)

赤谷線 五十公野駅 赤谷線 五十公野駅

▲大正14(1925)年11月開業。駅舎はおそらく開業時のものだと思われます。
ホームは片面ですが、以前は行き違いができたようです。(1983.8撮影)


新 江 口 駅(新潟県新発田市)

赤谷線 新江口駅 赤谷線 新江口駅

▲昭和38(1963)年11月開業。ホームは片面。(1983.8撮影)


米 倉 駅(新潟県新発田市)

赤谷線 米倉駅 赤谷線 米倉駅

▲大正14(1925)年11月開業。駅舎は開業時のもの。ホームは片面。(1983.8撮影)


新 山 内 駅(新潟県新発田市)

 昭和38(1963)年11月開業。駅舎はなく、片面ホームのみの駅でした。(1983.8撮影)

赤 谷 駅(新潟県新発田市)

 大正14(1925)年11月開業。五十公野駅や米倉駅と同型の木造駅舎でした。
ホームは島式ですが、片面のみが使用されていました。(1983.8撮影)


東 赤 谷 駅(新潟県新発田市)

赤谷線 東赤谷駅 赤谷線 東赤谷駅

▲昭和16(1941)年6月開業。駅舎は開業時のもの。全国でも珍しいスイッチバックの終着駅でした。
貨物ヤードがあり、鉱山関係の専用軌道がこの先も続いていました。
ホームは片面使用。駅舎とホームはやや離れていました。(1983.8撮影)


廃止路線の駅舎へもどる   トップへもどる