さいきの駅舎訪問

予讃線

多 度 津 駅(香川県仲多度郡多度津町)

海岸寺

(土讃線)金蔵寺


多度津駅

現駅舎。大正2(1913)年12月改築。予讃線と土讃線、2つの本線が分岐駅する鉄道の要衝として栄えてきました。開業は明治22(1889)年5月。開業時は海岸沿いに設けられ、本州との航路に連絡していました。
大正2(1913)年12月に現在地に移転。旧駅は「浜多度津貨物駅」となり、現在は多度津工場になっています。当駅から多度津工場へは引込み線が分岐し、イベント開催時に旅客列車が運転されます(2017.3撮影)

 

多度津駅

現駅舎。駅舎にパン屋が隣接、駅前にはビジネスホテルがあります。(2017.3撮影)

 

多度津駅 多度津駅

▲近くにSLが展示されています。(2016.10撮影)

 

多度津駅 多度津駅

駅舎内。KIOSKあり。(2016.10撮影)

 

多度津駅

▲ホームから見た駅舎。(2016.10撮影)

 

多度津駅

▲ホームは2面4線。駅舎と各ホームは地下道で結ばれています。(2017.3撮影)

 

 


国鉄 多度津駅

国鉄 多度津駅
国鉄当時(1981.8撮影)

 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ