さいきの駅舎訪問

山陰線

荘 原 駅(島根県出雲市)


荘原駅

荘原駅 荘原駅

現駅舎。令和2(2020)年3月改築。出雲空港へは約4キロで、いちおうここが最寄り駅になります。また、道の駅や温泉も近くにあります。開業は明治43(1910)年6月。(2021.4撮影)

 

荘原駅 荘原駅

現駅舎。入口や壁には町内にある神庭荒神谷(かんばこうじんだに)遺跡から出土した銅剣・銅鐸があしらわれています。(2021.4撮影)

 

荘原駅 荘原駅

駅舎内。窓口はありませんが券売機があります。また駅舎の半分はトイレになっています。(2021.4撮影)

 

荘原駅 荘原駅

待合室(2021.4撮影)

 

荘原駅

ホーム側から見た駅舎(2021.4撮影)

 

荘原駅 荘原駅

荘原駅 荘原駅

ホーム側には「因幡の白兎」の像、八上比売(やがみひめ)のこて絵があります。
駅から約1キロ南にある湯の川温泉は、この神話に登場する八上比売(やがみひめ)が見つけたといわれています。(2021.4撮影)

 

荘原駅 荘原駅

▲ホームは対向式。(2021.4撮影)


旧駅舎

荘原駅

旧駅舎。昭和9(1997)年6月改築の駅舎で、事務室部分はシルバー人材センターとして利用されていました。(2016.6撮影)

 

荘原駅 荘原駅

旧駅舎・駅舎内。窓口は完全に塞がれていますが、券売機がありました。(2016.6撮影)

 

荘原駅 荘原駅

荘原駅 荘原駅

旧駅舎当時のホーム。(2016.6撮影)


荘原駅 荘原駅

平成13年当時(2001.9撮影)


荘原駅

平成6年当時(1994.4撮影)

 


 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ