さいきの駅舎訪問

北陸新幹線

糸 魚 川 駅(新潟県糸魚川市)


糸魚川駅

現駅舎。こちらは旧駅舎のあった日本海口(北口)。平成23(2011)年12月より使用開始されています。糸魚川市の代表駅で大糸線の分岐駅。
隣接して「ヒスイ王国館」があり、土産物店や飲食店、観光案内所があります。(2015.3撮影)

 

糸魚川駅

現駅舎。建設費用を抑えるため正面右側には旧駅舎の一部が残され使用されています。(2015.3撮影)

糸魚川駅

▲こちらはアルプス口(南口)。新幹線駅舎工事にともない平成26(2014)年9月に使用開始されました。
イメージは「日本海と北アルプスに抱かれた、雄大な自然を感じさせる駅」。
新幹線工事により平成22(2010)年に解体されたレンガ車庫がモニュメントとして再現されています。(2015.3撮影)

 

糸魚川駅 糸魚川駅

アルプス口(南口)1階には「糸魚川ジオステーション ジオパル」があり、ジオパークについての展示・案内や、かつて大糸線を走っていた「キハ52」が展示されています。この「キハ52」は駅前広場まで移動することができ、撮影会なども行われるそうです。(2015.3撮影)

 

糸魚川駅

▲2階コンコース。コンビニあり。(2015.3撮影)

 

糸魚川駅 糸魚川駅

▲在来線改札とホーム。(2015.3撮影)

 

糸魚川駅 糸魚川駅

▲新幹線改札とホーム。(2015.3撮影)

 

糸魚川駅 糸魚川駅

▲新幹線ホーム。2面2線。ホーム・改札内には売店はありません。(2015.3撮影)

 

 


 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ