さいきの駅舎訪問 私鉄の駅舎

保存駅舎・廃駅跡

旧 浦川原駅(頸城鉄道)(新潟県上越市)

昭和43(1968)年10月廃止

 


頸城鉄道 旧浦川原駅

旧・浦川原駅舎
頸城(くびき)鉄道は、かつて新黒井駅浦川原駅を結んでいた鉄道です。
その終点だった浦川原(うらがわら)駅は大正5(1916)年5月開業。
利用客減少により鉄道の駅としては昭和43(1968)年10月に廃止されましたが、駅舎は頸城バス(現・東頸バス)の営業所として利用され現在に至っています。
場所は、ほくほく線・うらがわら駅から東に約300メートル。
ちなみに所在地は上越市と合併する前は「東頸城郡浦川原村」でした。(2013.8撮影)

 

頸城鉄道 旧浦川原駅

旧・浦川原駅舎。背後の高架はほくほく線。(2013.8撮影)

 

頸城鉄道 旧浦川原駅

旧・浦川原駅舎。現在は東頸バスの営業所になっています。(2013.8撮影)

 

頸城鉄道 旧浦川原駅

▲駅前にある「頸城バス発祥の地」の碑。平成8(1996)年10月建立。(2013.8撮影)

 

頸城鉄道 旧浦川原駅

「頸城バス発祥の地」の碑の解説。(2013.8撮影)

 

 

駅名一覧へもどる

トップページへ