さいきの駅舎訪問

信越線

黒 井 駅(新潟県上越市)


黒井駅

黒井駅 黒井駅

現駅舎。平成23(2011)年9月使用開始。駅舎といっても窓口はないので「自由通路」というほうが正しいです。最近の改築にしてはエレべーターもエスカレーターもなく、逆に珍しいです。
こちらは旧駅舎のあった北口。駅前は工場が敷地のほとんどを占めています。(2013.8撮影)

 

黒井駅

黒井駅 黒井駅

現駅舎。こちらは南口。階段下にトイレ、そして頸城鉄道の新黒井駅跡の碑があります。頸城鉄道は新黒井−浦川原間を結んでいた鉄道で、新黒井駅は昭和43(1968)年10月に廃止されました。(2013.8撮影)

 

黒井駅 黒井駅

現駅舎。ホームへの降口に券売機が設置されています。それ以外はとくに何もありません。(2013.8撮影)

 

黒井駅 黒井駅

▲構内は貨物ヤードが広がっています。旅客ホームは島式1面2線。(2013.8撮影)

 

 


黒井駅

黒井駅
旧駅舎。昭和60(1985)年3月改築。旧所在地は中頸城郡頸城村。(1983.8撮影)

 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ