さいきの駅舎訪問

函館線

光 珠 内 駅(北海道美唄市)


光珠内駅

光珠内駅 光珠内駅

▲昭和27(1952)年4月築の古い駅舎が残っています。大きな屋根が特徴で普通の駅舎とはちょっと違った雰囲気を持っています。
大正9(1920)年9月に信号所として開業、大正13(1924)年6月にいったん廃止された後、昭和23(1948)年11月に仮乗降場として復活し、昭和27(1952)年4月に正駅に昇格しています。 (1990.9撮影、ホームから見た駅舎は2004.6撮影)


 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ