さいきの駅舎訪問

後藤寺線

下 鴨 生 駅(福岡県嘉麻市)


 

 

現駅。旧駅舎は平成16(2004)年に解体され、ホームのみの駅になってしまいました。
駅前に旧駅舎に掲げてあった駅名板が設置されています。ホーム上に券売機が設置されています。
駅名標には旧所在地の「嘉穂郡稲築町」と表示されていますが、平成18(2006)年3月に合併により「嘉麻市」となっています。(2006.11撮影)



 

旧駅舎。昭和31(1956)年12月改築の個性的な形状の木造駅舎でした。晩年には待合室の窓ガラスが入っていないほど荒廃していました。
かつては漆生線の分岐駅で、その名残りを残す漆生線の駅名が白く塗りつぶされた駅名標がありました。(2002.2撮影)


 

▲国鉄当時の旧駅舎。漆生線はまだ現役でした。(1983.3撮影)

 

 

▲旧駅名は「赤坂」で、昭和31(1956)年12月に現駅名に改称されました。
国鉄当時のホームの柱に取り付けられていた駅名標には旧駅名の「あかさか」を書き直した跡が残っていました。(1983.3撮影)

 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ