さいきの駅舎訪問

筑豊線

若 松 駅(福岡県北九州市)

 


若松駅

現駅舎。昭和59(1984)年3月改築。石炭を主とする貨物の取り扱いが廃止されたことによる周辺整備にともない改築されました。
広大なヤードが広がっていた駅構内は線路はすっかり取り払われ、住宅や駐車場・公園になっています。
戸畑とを結ぶ若戸渡船ののりばへは約1キロ。
周辺はスーパーやホテルなどもあり、にぎやかですが、対岸の戸畑などと比べると駅はかなり静かです。(2014.4撮影)

 

若松駅 若松駅

▲ホームは1面2線。(2014.4撮影)

 

若松駅 若松駅

▲駅舎内。駅そば店があり「かしわめし」も扱っています。(2014.4撮影)

 

若松駅

▲別アングル。意外に大きな駅舎です。(2014.4撮影)



若松駅 若松駅

昭和63年当時(1988.10撮影)

 

 


若松駅

若松駅
▲大正9(1920)年改築だった旧駅舎。炭坑で栄えた筑豊地区の石炭輸送の拠点としてふさわしい大きく立派な駅舎でした。(1982.8撮影)

 

■■■

 

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ