さいきの駅舎訪問

予讃線

高 松 駅(香川県高松市)

(宇 野)(宇野線)

香 西

(高徳線)昭和町


高松駅

高松駅 高松駅

現駅舎。平成13(2001)5月完成。JR四国が平成25(2013)年6月に実施した駅舎をキャラクター化する「SHIKOKU SMILE STATION」の一環で平成26(2014)年2月に駅舎正面に笑顔がラッピングされました。駅前広場も広々として明るい雰囲気です。そこにある池は海水を引き込んだものです。
旧駅舎と同じく、土産物屋、飲食店、書店、コンビニなどが同居しています。
琴電・高松築港駅へは約250メートル、宇野や小豆島などへ向かうフェリーが発着する高松港は約400メートル。(2015.9撮影)

 

高松駅

現駅舎。南側から。(2015.9撮影)

 

高松駅

高松駅 高松駅

▲ホームは櫛形頭端式で9番線まであります。
改札内には名物「さぬきうどん」の立食いうどん店(改札外にも入口あり)があり、ここのうどんは宇高連絡船のものを再現したものです。
高松駅の愛称名は平成24(2012)年3月に「さぬき高松うどん駅」とつけられました。(2012.8撮影)


 

笑顔になる前の駅舎正面と駅舎内。(2012.8撮影)

 

 


高松駅

▲全面改築中の仮駅舎。仮駅舎とはいえ、土産物屋も飲食店もあり設備的には本駅と遜色ないものでした。(1999.3撮影)


高松駅 高松駅

▲宇高航路廃止後の旧駅舎。連絡船のりばへの階段が閉鎖され、さびしい感じでした。(1992.1撮影)



高松駅

高松駅

国鉄当時の旧駅舎。宇高航路と連絡し、頭端式のホームからは四国各方面への特急・急行列車が頻繁に発着し、たいへん活気のある駅でした。(1981.7撮影)

高松駅
駅名標の変遷1
「昭和町駅」の開業を控えて、同駅名の入るスペースを空けていたもの。当時、普通列車でも通過する場合がある駅は( )で表記していました。
(1987.3.15撮影)
高松駅
駅名標の変遷2
「昭和町駅」が開業すると、( )表記をやめ、紙に書いたものを貼り付けました。
(1987.8撮影)
高松駅
駅名標の変遷3
新しいフォントのものに更新され、駅名の( )表記もされなくなりました。
(1987.11撮影)

 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ