さいきの駅舎訪問

成田線

佐 原 駅(千葉県香取市)


佐原駅

佐原駅 佐原駅

現駅舎。香取市の代表駅。平成23(2011)年3月改築。市内の町屋をイメージしています。
佐原はかつて利根川の水運で栄え「小江戸」と呼ばれています。
駅前に目立った大きな店はありませんが、駅裏を500メートルほど進んだ国道沿いにはショッピングセンターやコンビニ、道の駅があります。また香取市役所もこの国道沿いにあります。(2011.12撮影)

 

佐原駅 佐原駅

現駅舎。改札は地平にあり、観光交流センター・コンビニが併設されています。(2011.12撮影)

 

佐原駅 佐原駅

▲ホームは2面4線。うち1線は鹿島線用の切り欠きホームです。(2011.12撮影)


旧駅舎

佐原駅旧駅舎

佐原駅旧駅舎 佐原駅

旧駅舎。大正9(1920)年4月改築の木造駅舎で「小江戸」をイメージして平成19(2007)年2月にリニューアルされました。
ところが、観光交流センター併設の駅舎に改築するためわずか3年後の平成22(2010)年後半に解体されました。
キオスク・駅ソバ店がありました。(2008.1撮影)


リニューアル前

佐原駅旧駅舎 佐原駅

リニューアル前(1997.12撮影)


佐原駅旧駅舎 佐原駅

▲平成3年当時。旧・佐原市の駅で、平成18(2006)年3月に合併により香取市となりました。(1991.8撮影)

 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ