さいきの駅舎訪問

信越線

長 鳥 駅(新潟県柏崎市)


長鳥駅

長鳥駅 長鳥駅

▲昭和51(1976)年3月改築の駅舎。築堤に埋め込まれたような駅舎です。
昭和18(1943)年9月に信号場として開業、昭和28(1953)年12月に駅に昇格し旅客扱いを開始しています。
信号場として開業後、住民が人も乗り降りできるようにしてほしいとの請願をしましたが、勾配やカーブがあり用地を確保するのに莫大な費用がかかることからなかなか許可が出ませんでした。
そこで、当時の駅の標準であった対向式ホームを島式ホームにしたり、ホーム上の待合室は造らないことにするなどして費用を大幅に減額し、旅客も扱う駅となりました。(2008.5撮影)

 

長鳥駅 長鳥駅

▲駅舎内は一方にしか窓がないため暗いですが、夏でもひんやりとしています。
高い位置にあるホームへは地下道を通って上がる構造です。(2008.5撮影)

 

長鳥駅 長鳥駅

▲ホームは島式でたいへん狭いです。(2008.5撮影)

 

 


 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ