さいきの駅舎訪問

羽越線

小 岩 川 駅(山形県鶴岡市)


小岩川駅

小岩川駅 小岩川駅

現駅舎。平成30(2018)年12月改築。バリアフリーに対応した駅舎です。
昭和19(1944)年12月に信号場として開業、昭和25(1950)年2月に正駅に昇格しています。
旧所在地は西田川郡温海(あつみ)町で、平成17(2005)年10月に鶴岡市と合併しました。(2019.10撮影)

 

小岩川駅 小岩川駅

現駅舎。伝統工芸品の「羽越しな布」を使用、ドアには「海と織物」がデザインされています。
入口を入ると正面にホームへの上り階段、右手に同じくホームへのスロープがあります。(2019.10撮影)

 

小岩川駅 小岩川駅

駅舎内。スロープは駅舎の壁に沿って配置されています。スロープに囲まれた部分が待合スペースになっています。ホームへの出口の手前にトイレがあります。(2019.10撮影)

 

小岩川駅 小岩川駅

現駅舎。ホームから見たところ。(2019.10撮影)

 

小岩川駅

小岩川駅 小岩川駅

▲対向ホーム上に平成29(2017)年1月築の待合室があります。(2019.10撮影)

 

小岩川駅 小岩川駅

▲ホームは対向式。(2019.10撮影)


旧駅舎

小岩川駅

小岩川駅 小岩川駅

旧駅舎。駅入口の庇と壁面が新しいですが、駅舎自体は昭和25(1950)年2月のものでした。
改築のため平成30(2018)年10月に解体されました。(2001.5撮影)

 


 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ