さいきの駅舎訪問

気仙沼線

蔵 内 駅(宮城県気仙沼市)


蔵内駅

(2018.6撮影 画像提供:ドラゴンレール大船渡線

現在のBRT駅(第3次BRT駅)。上り方面のりば。(が下り方面のりば)

震災後、平成24(2012)年8月20日に一般道上に仮復旧(第1次BRT駅)、平成25(2013)年9月5日にBRT専用道が整備され、震災前の駅があった場所に移転(第2次BRT駅)
その後、河川堤防整備に伴うBRT専用道の改築工事のため、平成27(2015)年10月5日に第1次BRT駅と同じ場所に移転(第3次BRT駅)しています。

蔵内駅



蔵内駅 蔵内駅

蔵内駅 蔵内駅

第3次BRT駅。上段は下り方面、下段は上り方面。
(2018.6撮影
 画像提供:ドラゴンレール大船渡線 管理人さま


蔵内駅

▲専用道上の第2次BRT駅
(2018.6撮影
 画像提供:ドラゴンレール大船渡線 管理人さま


 

第1次BRT駅(上り方面)。
(2012.10 車内より撮影)



蔵内駅 蔵内駅

蔵内駅 蔵内駅

蔵内駅 蔵内駅

震災前。昭和52(1977)年12月開業。築堤上の片面ホームの駅。国道からやや離れているのでのどかな感じのする駅でした。
東日本大震災では、津波は到達しましたが、駅舎・ホームは流失を免れました。
旧所在地は本吉郡本吉町で、平成21(2009)年9月に気仙沼市と合併しました。(2006.5撮影)

 

 


 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ