さいきの駅舎訪問

紀勢線

和歌山市駅(和歌山県和歌山市)

 


和歌山市駅

旧駅舎。昭和48(1973)年5月完成の駅ビル「南海和歌山ビル」。地上7階、地下1階建で、飲食店や商業施設などが入店していました。南海電鉄の所有で、改札・窓口は2階にありました。改築のため平成29(2017)年7月に仮駅舎に移転し、その後解体されました。
県庁・市役所の最寄駅ですが、代表駅は和歌山駅になります。(2015.9撮影)

 

和歌山市駅

旧駅舎全景(2015.9撮影)

 

和歌山市駅 和歌山市駅

旧駅舎1階(2015.9撮影)

 

和歌山市駅 和歌山市駅

旧駅舎、地下1階。規模は大きくありません。(2015.9撮影)

 

和歌山市駅 和歌山市駅

旧駅舎、2階の窓口と改札。南海仕様ですがJRと共用です。(2015.9撮影)

 

和歌山市駅 和歌山市駅

旧駅舎、改札内。コンビニがあります。(2015.9撮影)

 

和歌山市駅 和歌山市駅

南海のホーム。3面5線。(2015.9撮影)

 

和歌山市駅 和歌山市駅

JRのホーム。行き止まり型の1線で、ホームの入口にJR用の中間改札があります。駅名標は南海仕様です。(2015.9撮影)

 

 


和歌山市駅

平成14年当時。キーテナントは駅ビルオープン当初から「高島屋」でした。しかし売上減少のため、平成26(2014)年8月末で高島屋は撤退しました。(2002.1撮影)


和歌山市駅 和歌山市駅

国鉄当時。掲げられているのは南海電鉄の旧社章。「大阪なんば・四国・淡路島連絡」という文字が時代を感じさせます。(1984.3撮影)

 


 

■■■

 

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ