さいきの駅舎訪問

関西線

木 津 駅(京都府木津川市)

加 茂

上 狛(奈良線)

西木津(片町線)


木津駅

現駅舎。平成19(2007)年4月改築の橋上駅舎。木津川をイメージした流線形のデザインです。
木津川市の代表駅で、関西線・奈良線・片町線(学研都市線)の接続するジャンクションです。
ホームは築堤上にあり、さらにその上を覆うように造られたため、地上から改札まではかなりの高さがあります。
こちらは西口。駅前には大きな病院のほか、多くの商店や住宅があります。(2016.1撮影)

 

木津駅

木津駅 木津駅

西口入口。手前に築堤をトンネルで貫く東西自由通路があります。これは地平駅時代に使用していた改札から各ホームへ向かう地下道を整備したものです。(2016.1撮影)

 

木津駅

現駅舎東口。橋上化に伴い新たに造られました。駅前はタクシープールのあるロータリー。周辺に住宅は少なく、田畑が目立ちます。(2016.1撮影)

 

木津駅 木津駅

▲2階の改札。(2016.1撮影)

 

木津駅

▲ホームは2面4線。左から1・2・3・4番線。1番線が片町線と一部の奈良線、他は奈良線と関西線が発着します。(2016.1撮影)


木津駅旧駅舎 木津駅旧駅舎

▲橋上駅舎がオープンし、閉鎖され解体を待つ旧駅舎(2007.4撮影)


木津駅旧駅舎 木津駅旧駅舎

旧駅舎。大正3(1914)年4月改築の駅舎でした。(2006.2撮影)

 

木津駅旧駅舎 木津駅旧駅舎

木津駅旧駅舎 木津駅旧駅舎

旧駅舎。改札と高い位置にある各ホームと結ばれていた地下通路。(2006.2撮影)


木津駅旧駅舎 木津駅旧駅舎

国鉄当時。旧所在地は相楽郡木津町で、平成19(2007)年3月に合併により木津川市となりました。
(駅舎は1984.6、駅名標の行灯型は1983.12、鳥居型は1985.12撮影)

 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ