さいきの駅舎訪問

山陰線

川棚温泉駅(山口県下関市)


川棚温泉駅

川棚温泉駅 川棚温泉駅

現駅舎。平成14(2002)年4月に改築されたコミュニティ情報プラザを併設した合築駅舎。
駅舎内には売店、インターネットコーナーがあります。イスやテーブルも用意され落ち着いて列車待ちのできる駅となっています。
歴史のある川棚温泉の温泉街へはバスで約5分。(2003.11撮影)

 

川棚温泉駅 川棚温泉駅

現駅。現在は棒線駅ですが、廃止されたホームが残っていて花などが植えられています。
その廃ホームに旧駅舎の駅名板が置かれています(右写真)(2003.11撮影)

 

 


川棚温泉駅 旧駅舎 川棚温泉駅 旧駅舎

旧駅舎。昭和13(1938)年3月改築の木造駅舎でした。
旧所在地は豊浦郡豊浦町。平成17(2005)年2月に下関市と合併しました。(1989.9撮影)

 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ