さいきの駅舎訪問

山陽線

有 年 駅(兵庫県赤穂市)


有年駅

有年駅 有年駅

現駅舎・南口。平成26(2014)年4月に現駅舎と北口が使用開始、平成29(2017)年10月1日に改札が橋上に移動し南口が使用開始となりました。駅前にあった旧駅舎は平成29(2017)年10月20日ごろに解体され、跡地は駅前広場になりました。
赤穂線が開通する前の昭和26(1951)年12月までは駅前から播州赤穂まで赤穂鉄道が走っていました。(2018.11撮影)

 

有年駅

有年駅 有年駅

現駅舎・北口。平成26(2014)年4月30日より使用開始。駅前広場は平成30(2018)年3月完成。(2018.11撮影)

 

有年駅 有年駅

現駅舎・北口。平成26(2014)年4月30日より使用開始。駅前広場は平成30(2018)年3月完成。(2018.11撮影)


有年駅

現駅舎・南口。駅前整備前。(2018.3撮影)

有年駅

旧駅舎。明治23(1890)年7月開業時の駅舎でした。平成29(2017)年10月1日に改札が新駅舎に移動し、この駅舎は役目を終えました。(2017.10.1撮影)
解体前にこの旧駅舎内で古い写真の展示が行われました

 

有年駅

旧駅舎。背後に現駅舎。(2017.10.1撮影)

 

有年駅

▲画面左が現駅舎。画面右が旧駅舎と旧1番ホーム。(2017.10.1撮影)

 

有年駅 有年駅

現駅舎改札。 左:一部開業時(2017.1撮影) 右:新駅舎開業時(2017.10.1撮影)

 

有年駅 有年駅

現駅舎コンコース。 左:一部開業時(2017.1撮影) 右:新駅舎開業時(2017.10.1撮影)

 

有年駅 有年駅

▲平成29(2017)年10月1日使用開始の現駅舎(南口)の券売機とエレベーター出入口階段(南口)(2017.10.1撮影)

 

有年駅 有年駅

現駅舎(南口)の外階段。訪問時はまだ使用不可でした。(2017.10.1撮影)

 

有年駅

現駅舎・北口。平成26(2014)年4月30日より使用開始されました。駅前は宅地造成中。(2017.10.1撮影)


有年駅

有年駅 有年駅

旧駅舎。現役当時。(2017.1撮影)

 

有年駅

▲駅前に設置されている有年駅の歴史についての案内板。(2017.1撮影)

 

有年駅

旧駅舎、駅舎内(2017.1撮影)

 

有年駅 有年駅

有年駅 有年駅

ホーム側から見た旧駅舎。古い跨線橋は閉鎖、その後撤去されました。(2017.1撮影)

 

有年駅

有年駅 有年駅

北口。詳細はこちら(2017.1撮影)

 

有年駅 有年駅

▲部分開業時の橋上駅舎内(2017.1撮影)

 

有年駅 有年駅

旧駅舎現役当時。ホームは対向式。平成28(2016)年5月に新しい1番線ホームが使用開始になり、対向式になりました。詳細はこちら(2017.1撮影)


有年駅

有年駅 有年駅

橋上化工事前(2010.10撮影)

 

有年駅

橋上化工事前のホーム。2面3線でした。(2010.10撮影)


有年駅 有年駅

平成2年当時(1990.9撮影)

 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ