さいきの駅舎訪問

山陽線

宮 島 口 駅(広島県廿日市市)

前 空

(宮島航路)宮島口桟橋


宮島口駅

宮島口駅 宮島口駅

▲日本三景であり、世界文化遺産の厳島神社のある宮島(厳島)への下車駅。宮島航路のフェリー乗場へは駅前徒歩約3分。
明治30(1897)年9月に「宮島」として開業、昭和47(1972)年4月に「宮島口」に改称しています。駅舎は昭和39(1964)年9月改築。(2018.4撮影)

 

宮島口駅

駅舎内。窓口と改札。(2018.4撮影)

 

宮島口駅

宮島口駅 宮島口駅

駅舎内。平成29(2017)年4月に「瑞風」の運行に伴いリニューアルされました。駅舎内にあった売店は撤去され、代わりに駅前に土産物店が設けられました。(2018.4撮影)

 

宮島口駅 宮島口駅

▲ホームは対向式。(2018.4撮影)


宮島口駅 宮島口駅

リニューアル前。駅舎内にキヨスクがあり名物「あなご飯」も販売していました。(2009.10撮影)


宮島口駅

宮島口駅 宮島口駅 宮島口駅

▲民営化後、新駅開業が相次ぎ、駅名標が何度も変更されました。(駅舎は1987.4、駅名標は左から1987.4、1989.7、1989.11撮影)
旧所在地は佐伯郡大野町でしたが、平成17(2005)年11月に廿日市市と合併しました。

 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ