さいきの駅舎訪問

尾張一宮駅(愛知県一宮市)


尾張一宮駅

現駅舎。こちらはJR側の東口で、平成24(2012)年11月1日にオープンした駅ビル「i-ビル」です。
7階建てで商業施設・駐輪場・イベントスペース・図書館などが入っています。
一宮市の代表駅で名鉄一宮駅が隣接しています。(2012.12撮影)

尾張一宮駅 尾張一宮駅

西口「名鉄百貨店一宮店」(2009.4撮影)
高架下のコンコースはJRと名鉄が一体になっていて 飲食店やファッション関係等の店が多数あり、たいへんにぎわっています。(2011.12撮影)

 

尾張一宮駅 尾張一宮駅 

▲JRの改札(左:2009.4撮影)と名鉄の改札(右:2011.12撮影)

 

尾張一宮駅 尾張一宮駅

▲JRのホームは2面4線。JR・名鉄ともに高架ホームです。(2009.4撮影)

 

 


尾張一宮駅旧駅舎 尾張一宮駅旧駅舎

旧駅舎。昭和26(1951)年10月改築。豊橋、池袋に続く全国で3番目の民衆駅で、平成元(1989)年の高架化後も駅舎は改築されることなく使用されていました。
老朽化のため平成19(2007)年秋に解体されました。(2001.1撮影)


尾張一宮駅旧駅舎 尾張一宮駅旧駅舎

国鉄当時。高架化前。(1987.3撮影)


 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ