さいきの駅舎訪問 私鉄の駅舎

貨物駅

酒田港駅(羽越線貨物支線)(山形県酒田市)


酒田港(さかたこう)駅は羽越線・酒田駅から分岐する貨物支線(通称:酒田港線)の駅です。

酒田−酒田港間の営業キロは2.7キロ。開業は大正4(1915)年4月。(写真はすべて2008.5撮影)

 


図(1) 羽越線との分岐点。前方が酒田駅。
図(2) 分岐点付近から酒田駅港方を見たところ。複線のように見えますが、片方の線路はすぐに終端となります。

図(3) 住宅地の中を走る線路。前方が酒田駅。
     

図(4) 同左。前方が酒田港駅。

図(5) 線路脇には畑などもあります。
  昔のローカル私鉄の雰囲気です。
図(6) 切り通しをまっすぐに伸びる線路。前方が酒田港駅。

図(7) 専用線が現れました。廃線もあります。
    左の線路が酒田港駅へ続いています。
図(8) 線路が増えて貨物駅らしさが出てきました。いちばん左の線路をあとわずか進むと酒田港駅です。

 

図(9) 酒田港駅本屋。昭和50(1975)年2月改築。構内にある池にはコイが元気に泳いでいます。

図(10) 酒田港駅本屋を俯瞰。

図(10) 酒田港駅構内を俯瞰。

   


図(11) 線路が集結。鳥海山をバックに美しい光景です。

図(12) 海に向かって伸びているヤード。

   

図(13) 専用線が分岐。

   


   図(14) 酒田港駅構内。黄色いタンク車がずらりと。

図(15) 黄色いタンク車に接近。
図(16) 酒田港駅終端部。

 

 

駅名一覧へもどる

トップページへ