さいきの駅舎訪問 私鉄の駅舎

貨物駅

広島貨物ターミナル駅(山陽線)(広島県広島市)


 

▲山陽線・天神川−広島間にある貨物駅です。
昭和44(1969)年3月に「東広島貨物駅」として開業、平成7(1995)年2月に現駅名に改称しました。
営業キロは天神川駅から0.7キロ・広島駅から1.6キロ。
写真の駅入口は、線路の南側にあり、広島駅から実キロで約1.8キロ。
当然のことながら一般人は許可無く立ち入りはできません。(2013.3撮影)

   

▲トラック出入口。線路の南側にあり、広島駅から実キロで約1.5キロ。(2013.3撮影)

 

▲駅本屋。新幹線車内から撮影。駅舎は昭和44(1969)年3月開業時のもの。地上からは障害物が多すぎてうまく撮影できませんでした。
主にコンテナ、車の輸送を行っています。構内は約2キロの長さがあり、東の端には天神川駅があります。また芸備線の分岐駅でもあります。(2013.3撮影)


 

 

駅名一覧へもどる

トップページへ