江差線 さいきの駅舎訪問・廃止路線の駅舎

江 差 線(木古内−江 差)その1

 木古内−渡島鶴岡−吉 堀−神 明−湯ノ岱−

(平成26(2014)年5月12日 木古内−江差間廃止)

※所在地は廃止時のものです


木 古 内 駅(北海道上磯郡木古内町)

江差線 木古内駅

江差線 木古内駅 江差線 木古内駅

▲昭和63(1988)年3月の海峡線開通前の昭和62(1987)年10月に改築された橋上駅舎。
南北連絡歩道橋「スカイロードきこない」という名称がついています。(2003.6撮影)
北海道新幹線・木古内駅

渡島鶴岡駅(北海道上磯郡木古内町)

 

▲小さいながらもきれいな待合室がありました。(1998.8撮影)

吉 堀 駅(北海道上磯郡木古内町)

 

▲貨車駅。棒線駅ですが、もと島式2線。国鉄当時は木造駅舎がありました。(1998.8撮影)

神 明 駅(北海道檜山郡上ノ国町)

 

▲ホームのみの駅。ホーム上に直結して木造の待合室がありました。(1998.8撮影)

湯 ノ 岱 駅(北海道檜山郡上ノ国町)

 

▲平成元年に改築されたきれいな駅舎でした。湯ノ岱温泉へは徒歩10分ほど。(1998.8撮影)


その1  木古内−渡島鶴岡−吉 堀−神 明−湯ノ岱−

その2 −宮 越−桂 岡−中須田−上ノ国−江 差  


廃止路線の駅舎へもどる   トップへもどる