さいきの駅舎訪問

宗谷線

塩 狩 駅(北海道上川郡和寒町)


塩狩駅

塩狩駅 塩狩駅

▲大正5(1916)年9月に信号所として開業。大正13(1924)年11月に正駅に昇格、駅舎はそのときに建てられたものです。以前は妻面が駅舎への出入口でしたが、現在はホーム側から出入りするようになっています。
三浦綾子の小説「塩狩峠」で知られる駅。近くに三浦綾子記念館もあります。また、塩狩温泉やユースホステルもあります。(1996.8撮影)

 

塩狩駅

▲ホームは千鳥配置の対向式。(1996.8撮影)

 


 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ