さいきの駅舎訪問

夕張支線

鹿 ノ 谷 駅(北海道夕張市)


鹿ノ谷駅

鹿ノ谷駅 鹿ノ谷駅

▲明治34(1901)年12月開業。かつて室蘭線・栗山駅を経由して函館線・野幌駅とを結んでいた夕張鉄道の接続駅でした。大きな駅舎ですが、これでも全盛期に比べると右側の一部が解体され小さくなっています。
鹿ノ谷−夕張間はもと夕張鉄道との並走区間で、いまでもその痕跡を見る事ができます。(2018.12撮影)

 

鹿ノ谷駅

▲駅を俯瞰。手前の空き地はかつて夕張鉄道やヤードがあった名残です。(2018.12撮影)

 

鹿ノ谷駅

鹿ノ谷駅

鹿ノ谷駅 鹿ノ谷駅

駅舎内(2018.12撮影)

 

鹿ノ谷駅 鹿ノ谷駅

鹿ノ谷駅 鹿ノ谷駅

▲ホームは片面。(2018.12撮影)

鹿ノ谷駅 鹿ノ谷駅

▲鹿ノ谷駅から北に約300メートルのところにある夕張鉄道の橋台跡
奥の赤い鉄橋はJR線。(2018.12撮影)


鹿ノ谷駅 鹿ノ谷駅

平成7年当時(1995.9撮影)

 


 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ