さいきの駅舎訪問

函館線

新函館北斗(渡島大野)(北海道北斗市)


新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

現駅舎。旧駅名は「渡島大野」で、北海道新幹線の建設にともないこの新駅舎を建設、平成27(2015)年3月に暫定使用開始されました。
平成28(2016)年3月に北海道新幹線が開業すると、駅名を「新函館北斗」に改称し、駅舎も全面使用が開始されました。
こちらは南口で、駅前は広く整地されています。
旧所在地は亀田郡大野町で、平成18(2006)年2月に上磯郡上磯町との合併により北斗市となりました。(2016.7撮影)

 

新函館北斗駅 新函館北斗駅

現駅舎、南口1階。ギャラリーや北海道のアンテナショップなどがあります。(2016.7撮影)

 

新函館北斗駅 新函館北斗駅

現駅舎、南口2階。駅弁販売所、軽食店などがあります。(2016.7撮影)

新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

現駅舎、北口。ロータリーがあるほかは田園風景です。(2016.7撮影)

新函館北斗駅

自由通路から見た駅入口。左側が在来線、右側が新幹線。(2016.7撮影)

 

新函館北斗駅

▲新幹線改札と窓口。(2016.7撮影)

 

新函館北斗駅

▲在来線改札内コンコース。(2016.7撮影)

 

新函館北斗駅 新函館北斗駅

在来線ホーム。2面4線で、うち1線は行き止まりになっています。(2016.7撮影)


渡島大野駅 渡島大野駅

旧駅舎。昭和63(1988)年改築の木造駅舎でした。新幹線・新函館駅の路盤工事の妨げになるとして平成24(2012)年2月に解体され、仮駅舎になりました。(1990.9撮影)

 

 


 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ