さいきの駅舎訪問

日田彦山線

添 田 駅(福岡県田川郡添田町)


添田駅

添田駅 添田駅

現駅舎。昭和63(1988)年3月に改築された物産館併設の合築駅舎です。
大正4(1915)年4月に添田線の前身である小倉鉄道の「上添田」として開業、昭和8(1933)年に「彦山口」に改称した後、昭和17(1942)年8月に国有化され「添田」に改称しています。(2008.4撮影)

 

添田駅 

添田線現役時代の名残りで駅舎とホームが大変離れています。添田線ホームは駅舎に面した位置にありました。
日田彦山線は後から乗り入れてきたために、このような離れホームとなりました。(2008.4撮影)

 

添田駅 添田駅

▲ホームは島式1面。番号が2・3番線と振られていますが、これは廃止された添田線が1番線だった名残りです。(2008.4撮影)

 

 


添田駅 旧駅舎 添田駅 旧駅舎

旧駅舎。大正4(1915)年4月開業時の駅舎でした。
日田彦山線より添田線の方が先に開業したという歴史があり(日田彦山線の開業は昭和17(1942)年8月)、添田線ホームに面して駅舎が建っていました。(1985.1撮影)

 

添田駅 旧駅舎

 

旧駅舎に掲げられていた駅名標。添田線用です。(1985.1撮影)


 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ