さいきの駅舎訪問

高徳線

池 谷 駅(徳島県鳴門市)

板 東

阿波大谷(鳴門線)


池谷駅

駅舎正面。鳴門線との分岐駅。ハの字型に配置された高徳線ホームと鳴門線ホームに挟まれた場所に駅舎があります。大正5(1916)年7月開業。(2019.6撮影)

 

池谷駅

駅舎内(2019.6撮影)

 

池谷駅

跨線橋から。中央が駅舎、左が高徳線ホーム、右が鳴門線ホーム。(2019.6撮影)

 

池谷駅 池谷駅

▲ホーム配置図。高徳線が1・2番線、鳴門線が3・4番線と割り振られています。
右写真は跨線橋から高徳線と鳴門の分岐部を見たところ。(2009.6撮影)

 

池谷駅 池谷駅

▲2つのホームに挟まれた場所には、段四郎狸の祠や大谷焼きの壺が置かれています。(2019.6撮影)

 

池谷駅 池谷駅

▲高徳線ホーム。(2009.6撮影)

 

池谷駅 池谷駅

▲鳴門線ホーム。(2009.6撮影)


リニューアル前

池谷駅

国鉄当時。駅舎の両脇にもゴテゴテと建物がありましたが、その後撤去されました。(1981.7撮影)

 

池谷駅 池谷駅

国鉄当時の高徳線ホームと駅名標。(1981.7撮影)

 

池谷駅 池谷駅

国鉄当時の鳴門線ホームと駅名標。(1981.7撮影)

 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ