さいきの駅舎訪問

飯山線

桑 名 川 駅(長野県飯山市)


 

現駅舎。平成21(2009)年11月改築。周囲の景観に合わせるため木材を多用しています。
合築駅舎で、正面右側の一部が待合室に当てられています。
待合室からホーム側に出たところに旧駅舎で使用されていた駅名板が掲げられています。(2010.8撮影)

 

 

現駅舎。大きな駅舎ですが、一般の人が利用できるのは待合室と正面右端にあるトイレぐらいです。
待合室のスペースは狭く、窓口はありません。
他のスペースは保線詰所、職員休憩室、倉庫などに当てられています。(2010.8撮影)

 

 

▲ホームは島式で、跨線橋はなく、改札からホームの端につながっています。(2010.8撮影)

 

 


 

旧駅舎。大正12(1923)年7月開業時の駅舎でした。
改築のため平成21(2009)年8月に解体されました。(2000.8撮影)

 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ