さいきの駅舎訪問

信越線

横 川 駅(群馬県安中市)


横川駅

▲大正8(1919)年改築。国鉄で日本一の急勾配だった碓氷峠越えのため補助機関車の連結作業が行われていた駅。
かつてはホームで「峠の釜めし」の立ち売りが行われ、釜飯を買う客、連結作業や機関車を見る鉄道ファンでたいへん賑わった駅です。
平成9(1997)年10月の新幹線開業による横川−軽井沢間の廃止により終端駅となってしまいました。開業は明治18(1885)年10月。(2017.10撮影)

 

横川駅 横川駅

駅前風景。右側に「おぎのや横川本店」、左側に「おぎのや資料館」。(2014.10撮影)

 

横川駅 横川駅

▲「おぎのや資料館」内部。(2014.10撮影)

 

横川駅 横川駅

▲軽井沢方に線路跡と、軽井沢行きのバスのりばがあります。(2014.10撮影)

 

横川駅 横川駅

▲軽井沢方のもう少し先に「碓氷峠鉄道文化むら」があります。(2014.10撮影)

 

横川駅

駅舎内(2017.10撮影)

 

横川駅 横川駅

▲ホームにあるアプト式レールと、開業時に使用されていたレール。(2017.10撮影)

 

横川駅 横川駅

▲ホームにある峠の釜飯の売店。ホームの外からでも買うことができます。また、駅裏のドライブインでも食べることができます。(2014.10撮影)

 

横川駅 横川駅

▲ホームは2面2線。(2014.10撮影)

 

 


 

▲横川−軽井沢間の碓氷峠越えが現役だった平成5年当時
旧所在地は碓氷郡松井田町で、平成18(2006)年3月に安中市と合併しました。(1993.8撮影)

 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ