さいきの駅舎訪問

五能線

能 代 駅(秋田県能代市)

東能代(奥羽線)


 

能代駅

能代駅 能代駅

現駅舎。昭和15(1940)年11月改築のたいへんに大きくりっぱな木造駅舎です。平成25(2013)年9月に「木都・能代」をイメージしてリニューアルされました。能代市は秋田杉の産地であり、米代川河口にあることから周辺地域から産出する木材が集まることから「木都」と呼ばれています。能代市の代表駅。開業は明治41(1908)年7月。(2016.7撮影)

 

能代駅

現駅舎。駅舎内。(2016.7撮影)

 

能代駅 能代駅

▲改札口と駅名標。(2016.7撮影)


能代駅

能代駅 能代駅

能代駅

能代駅 能代駅 能代駅

リニューアル前。ホームは2面3線。能代市の代表駅。ホーム上屋の財産票には明治44年11月と記されています。(2003.8撮影)


能代駅 能代駅

国鉄当時(1986.12撮影)

 

 


 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ