さいきの駅舎訪問

烏山線

烏 山 駅(栃木県那須烏山市)

 


烏山駅

烏山駅 烏山駅

現駅舎。平成26(2014)年3月改築。斜めになっている屋根は国の重要無形民俗文化財「山あげ祭」の山をあげる瞬間をイメージしているそうです。那須烏山市の代表駅です。(2015.1撮影)

 

烏山駅

烏山駅

現駅舎。駅舎内には窓口があり、指定席券売機もあります。(2015.1撮影)

 

烏山駅 烏山駅 烏山駅

烏山駅 烏山駅

▲ホームは片面。対向式だった名残の廃ホームが残っています。(2015.1撮影)


 

旧駅舎。大正12(1923)年4月開業時の木造駅舎でした。昔は屋根にドーマ窓がありました。
烏山線の終点で、昭和54(1979)年に運転されたミステリー列車「銀河鉄道999」の終着駅として使われました。
旧・那須郡烏山町の駅で、平成17(2005)年10月に合併により那須烏山市となりました。(1991.12撮影)


 

■■■

 

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ