さいきの駅舎訪問

参宮線

伊 勢 市 駅(三重県伊勢市)


現駅舎。昭和25(1950)年3月改築の規模の大きな駅舎です。伊勢市の代表駅で伊勢神宮参拝の玄関駅として全国から参拝者が訪れます。
伊勢神宮で20年ごとの「神宮式年遷宮」が平成25(2013)年に行われることを機に平成24(2012)年3月ごろにリニューアルされました。(2012.12撮影)

      

 

▲駅舎内。観光地の駅だけにキヨスクも土産物も扱い、大きめです。伊勢名物・赤福の売店もあります。
「神宮式年遷宮」を控え平成24(2012)年12月に和風にリニューアルされました。(2012.12撮影)

    

 

▲ホームは2面3線+多数の留置線。跨線橋は2本あります。
近鉄のホームへは長い跨線橋で連絡しています。(2012.12撮影)

 

 


 

リニューアル前(2009.8撮影)

 

 

リニューアル前の駅舎内。(2009.8撮影)

 

 

▲近鉄のホームへは長い跨線橋で連絡しています。(2009.8撮影)

 

 

旧近鉄・伊勢市駅舎。JRとはうってかわって非常に簡素でした。
平成25(2013)年7月に改築され、現在は新駅舎になっています。
駅前は住宅や飲食店があり、観光地の雰囲気はありません。(2009.8撮影)


 

国鉄当時の駅舎。(1983.8撮影)

 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ