さいきの駅舎訪問

境線

後 藤 駅(鳥取県米子市)


後藤駅

後藤駅

▲明治35(1902)年開業の歴史のある駅。こちらは南口で昭和13(1938)年6月改築の立派な駅舎がありますが、無人化されています。駅前は住宅が密集しています。(2014.2撮影)

 

後藤駅 後藤駅

▲かつての待合室部分は大半が会社の事務所となり、駅の待合いスペースはたいへん狭くなっています。駅前には灯籠もあるミニ庭園になっています。(2014.2撮影)

 

後藤駅 後藤駅

▲ホームは島式1面2線。駅舎はホームの米子方の端にあります。(2014.2撮影)

 

後藤駅 後藤駅 後藤駅

▲妖怪駅名は「どろたぼう駅」。(2014.2撮影)

 

後藤駅

後藤駅 後藤駅

北口。以前は小さなきっぷ売場がありましたが撤去されました。周辺にはショッピングセンターや娯楽施設などがありにぎやかで、利用客の多くはこの北口を利用しています。(2014.2撮影)

 

 

▲駅の米子方に後藤工場があり、そこでは電車も扱うため米子−後藤間は電化されています。(2008.2撮影)

 

 


 

後藤駅

旧北口駅舎。現在は撤去されています。簡易ですが、ちゃんと窓口がありました。(2008.2撮影)



 

民営化まもないころ。待合室が広かったです。(1988.4撮影)

 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ