さいきの駅舎訪問

山陰線

餘 部 駅(兵庫県美方郡香美町)


餘部駅 餘部駅

現駅舎。平成22(2010)年10月設置。ブロック造りで内部には数冊の駅ノートが置かれています。
開業は昭和34(1959)年4月。高さ41.5メートルを誇る余部橋梁は駅のすぐ隣です。
山の中腹にあり、地上からは細い通路を登り5〜10分かかります。余部橋梁の架け替えにより平成22(2010)年8月に線路がホームの海側から山側に移設されました。(2015.7撮影)

 

餘部駅 餘部駅

▲平成25(2013)年5月、旧線路と旧橋梁の一部を整備して「空の駅」がオープンしました。(2015.7撮影)

 

餘部駅 餘部駅

▲「空の駅」橋梁部分。美しい日本海が眺められます。(2015.7撮影)

 

餘部駅 餘部駅

▲「空の駅」は旧橋梁の橋桁3つ分を利用して造られています。(2013.9撮影)

 

餘部駅

▲「空の駅」橋梁部から駅ホームを見たところ。(2013.9撮影)

 

餘部駅 餘部駅

▲駅待合室へ直結するこの通路は橋梁架け替え後に新設されたものです。(2013.9撮影)


餘部駅 餘部駅

▲建設中の待合室と通路。(2010.9撮影)

 

餘部駅 餘部駅

▲建設前の「空の駅」(2010.9撮影)

 

餘部駅

▲平成22(2010)年8月に使用開始となった新橋梁を通過する普通列車。(2010.9撮影)

 

 


餘部駅 餘部駅

橋梁架け替え前。線路はホームの海側にありました。(2008.9撮影)

 

餘部駅

餘部駅 餘部駅

▲旧余部橋梁。(2008.9撮影)


餘部駅 餘部駅

餘部駅

工事前の駅ホームと駅から見た余部鉄橋。(1994.7撮影)


餘部駅 餘部駅

国鉄当時。木造の待合室がありました。旧所在地は城崎郡香住町。(1981.8撮影)

 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ