さいきの駅舎訪問

山陽線

大 野 浦 駅(広島県廿日市市)


大野浦駅

大野浦駅 大野浦駅

現駅舎。平成28(2016)年11月に使用開始された橋上駅舎です。
こちらは北口。訪問時は入口は仮設の状態で、エレベーターもまだ稼働していませんでした。旧駅舎はこの広島方にありました。
旧・佐伯郡大野町役場の最寄駅でしたが、平成17(2005)年11月に廿日市市と合併しました。(2017.3撮影)

 

大野浦駅 大野浦駅

駅舎内。2階の駅入口と窓口・改札。(2017.3撮影)

 

大野浦駅

駅舎内。南側から見たようす。(2017.3撮影)

 

大野浦駅

駅舎内。南側を見たようす。右手にトイレ。南口はまだ工事中なので出られません。(2017.3撮影)

 

大野浦駅

南口。工事中。(2017.3撮影)

 

大野浦駅 大野浦駅

大野浦駅

▲ホームは2面3線で、中線は主にこの駅を始発・終着とする列車が使用します。(2017.3撮影)


大野浦駅旧駅舎

大野浦駅旧駅舎 大野浦駅旧駅舎

旧駅舎。昭和54(1979)年3月に改築されたコンクリート駅舎。駅舎はホームの広島方の端のやや高い場所にありました。
平成28(2016)年11月に岩国方に橋上駅舎が造られ、引き換えにこの駅舎は役目を終えました。(2015.5撮影)

 

大野浦駅旧駅舎 大野浦駅旧駅舎

大野浦駅旧駅舎 大野浦駅旧駅舎

旧跨線橋は、改札を出ると上りと下りに別れるという変わった構造をしていました。(2015.5撮影)


大野浦駅旧駅舎 大野浦駅旧駅舎

旧駅舎昭和62年当時(1987.4撮影)

 

 


 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ