さいきの駅舎訪問

山陽線

倉 敷 駅(岡山県倉敷市)

西阿知

(伯備線)清 音


倉敷駅

倉敷駅

現駅舎南口。昭和58(1983)年8月改築の橋上駅。
駅前にはペデストリアンデッキを備え、左手のデパート、右手のホテルにつながっています。
地上はバスセンターになっています。
駅舎はホテル・ショッピングセンターと一体化した8階建の駅ビルでしたが、利用客減少のためホテルは平成22(2010)年11月末日で、ショッピングセンターは平成22(2010)年12月末日で閉店しました。
ホテル・ショッピングセンターが撤退した駅ビルは写真のように3階以上が解体されました。解体工事は平成27(2015)年3月に完了、平成27(2015)年4月27日に商業施設「さんすて倉敷」がオープンしました。(2015.4.27撮影)

 

倉敷駅 倉敷駅

現駅舎南口2階。駅入口と駅前ペデストリアンデッキ。(2015.4.27撮影)

 

倉敷駅 倉敷駅

(左)南口2階の「さんすて」入口。
(右)南口1階。(2015.4.27撮影)


平成28(2016)年3月にラインカラーが導入されました。オレンジは山陽線、緑は伯備線。ただし伯備線でも岡山方面はオレンジ色です。(2016.3撮影)


倉敷駅

倉敷駅 倉敷駅

解体工事前の南口(2012.12撮影)

 

倉敷駅 倉敷駅

北口。平成9(1997)年7月のチボリ公園開園に合わせてペデストリアンデッキが整備されました。
「アンデルセン広場」という愛称で、中央の塔はからくり時計になっていて1〜2時間ごとに人形のショーを見ることができます。
チボリ公園は駅前すぐのところにありましたが、経営不振のため平成20(2008)年末で閉園となりました。(2012.12撮影)

 

倉敷駅 倉敷駅

▲コンコースと改札。コンコースには土産物店や飲食店があります。(2012.12撮影)

 

倉敷駅 倉敷駅

▲ホームは2面4線。1面は山陽線、1面は伯備線です。(2012.12撮影)


倉敷駅 倉敷駅

ショッピングセンター・ルブランが営業当時の駅入口とルブラン入口(2010.11撮影)

 

倉敷駅 倉敷駅

ホテル倉敷の営業当時(左:2010.11撮影)と撤退後(右:2012.12撮影)

倉敷駅

▲チボリ公園があった北口駅前はショッピングセンター「Ario倉敷」(2011.11開業)、「三井アウトレットパーク倉敷」(2011.12開業)になっています。(2012.12撮影)

 

 


倉敷駅

▲チボリ公園が閉園し更地となっていた北口駅前。(2010.11撮影)


倉敷駅 倉敷駅

チボリ公園営業当時の北口。チボリ公園は平成20(2008)年末閉園。(2008.3撮影)


倉敷駅 倉敷駅

国鉄当時の南口。(1984.4撮影)

 

倉敷駅

国鉄当時の北口。駅前にはクラボウの広い敷地(後のチボリ公園)がありました。(1981.8撮影)

 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ