さいきの駅舎訪問

美濃赤坂駅(岐阜県大垣市)

 


美濃赤坂駅

美濃赤坂駅 美濃赤坂駅

▲大正8(1919)年8月開業。おそらく開業時のものと思われる古い木造駅舎があります。
近辺で産出される石灰石・大理石の輸送を目的に設置された貨物主体の駅です。
旅客列車はほぼ1時間に1本ですが、日中は3時間近く列車が来ない時間帯もあります。
大垣からの旅客扱いはこの駅までですが、私鉄の貨物線がこの先にも続いています。(2014.1撮影)

 

美濃赤坂駅 美濃赤坂駅

▲待合室は窓口は塞がれ、ラッチは撤去されていますが、昔の駅舎の雰囲気をよく残しています。
きっぷの販売は行いませんが、事務室には職員さんがいます。(2014.1撮影)

 

美濃赤坂駅

▲ホームから見た駅舎。ホームと直角方向に建っています。(2014.1撮影)

 

美濃赤坂駅 美濃赤坂駅

▲駅舎とホームはかなり離れています。ホームは片面。(2014.1撮影)

 

美濃赤坂駅

▲広い駅構内。この先に西濃鉄道市橋線の線路が続いています。また大垣方らはすでに廃止されていますが、西濃鉄道昼飯線が分岐していました。廃止されたとはいっても訪問時は昼飯線の線路はまだ残っていました。(2014.1撮影)



 

国鉄当時(1986.3撮影)

 

■■■

 

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ