さいきの駅舎訪問

北陸新幹線

軽 井 沢 駅(長野県北佐久郡軽井沢町)


 

現駅舎。避暑地として絶大なる人気を誇る軽井沢への下車駅。
駅舎は平成9(1997)年10月の新幹線開業に合わせて改築された橋上駅舎です。
こちらは北口で、駅前はペデストリアンデッキが設置されています。
駅前は土産物屋やレンタサイクルの店がありますが、やや閑散とした雰囲気です。
賑わっているのは駅前を1キロほど進んだ旧軽井沢付近です。(2011.11撮影)

 

 

▲こちらは南口。ショッピングモールやスキー場があります。(2011.11撮影)

 

 

▲北口には旧駅舎を再現した「軽井沢駅舎記念館」があります。
碓氷峠で使用していた電気機関車や草軽鉄道の資料も展示されています。(2011.11撮影)

 

 

新幹線改札と新幹線駅名標。改札は2階で、新幹線としなの鉄道は別改札です。(改札は2011.11、駅名標は1998.1撮影)

 

 

しなの鉄道のホーム。しなの鉄道、新幹線とも地上ホームです。(2011.11撮影)

▲新幹線工事中の仮駅舎(1997.6撮影)

 軽井沢駅

▲信越線当時の旧駅舎。大正元(1912)年5月建築の洋風駅舎で貴賓室も備えていました。新幹線工事に伴う改築のため平成8(1996)年2月に解体されてしまいました。
その後、平成12(2000)年4月に現駅のとなりに復元され、記念館として公開され、貴賓室も再現されています。(1988.3撮影)

 

■■■

駅名一覧へもどる

路線一覧へ

トップページへ